RootsReggaeMusicFestival 2015
THE DUBNATIONALIES
*出演アーティスト紹介*
24日出演の THE DUBNATIONALIESを紹介します!



THE DUB NATIONALIESプロフィール
"レゲエ&ダブ" をこよなく愛する4人(LUI, KOHEI, NORITO, GO)から形成されるバンド "ザ・ダブネイショナリーズ" は、愛知県にあるCafeNationを中心に集まったスペシャル・バンド。
メロウ&スィートなチルアウトチューンから、グルーヴィー&ヘビーな踊れるダブチューンまで幅広い楽曲が持ち味で、現在までに2枚の自主制作アルバムをリリース。
特筆すべきは、PAエンジニア不在のDUB BAND。
メンバーそれぞれが、足元・手元でサウンドをエフェクトする、といった完全現場スタイルで、4人でできる限界を体現する日本でも数少ない音の表現者集団。
現在は少人数アコースティック・カフェスタイルから、フェス規模の大音量ロングステージスタイルまで幅広く対応する。
また、バンドコンポーザーLui氏を筆頭に幅広い交友関係から、フロントマンをゲストに迎えてのバッキングライブなども多数こなし、現在までに、Anthony Selassie (JAMAICA)、PJ、PAPA U-Gee、Spinna B-ILL、TICO (Little Tempo)、RAS TAKASHI、RAS KANTO、HIROKING、渥美幸裕、Machaco、光風、からむし、KOHDAI、Ucoca、などなど、シーンの一線で活動するミュージシャンとのセッションが地元愛知で話題を呼び、リンクアップのエネルギー、楽しさ、重要性をシーンに発信している。

2008年 THE DUBNATIONALIES結成
2009年 はまゆうミュージックフェスティバル 出演(九州)
     1st Album「BLUE」発売
2010年 CHINDON CALLING 出演(富山)
2011年 Spinna B-ILL Joint Tour(宮崎、鹿児島)
     2st Album「GREEN」発売
2012年 トヨロック出演(愛知)
2013年 Rock on the Rock Core Meeting 出演(愛知)
2014年 トヨロック2days出演(愛知)

Jamaica Sound でもなく、UK Soundでもなく、現代の日本人が創る緩くも緊張感のあるオリジナルなライブサウンドがここにある!
メンバープロフィール
●LUI (ギター/ヴォーカル)は、19歳で渡米、サンディエゴのGROSSMONT COLLEGEにてミュージック・メジャーを専攻。地元のファンク・ロック・バンド"SHOPPING CART"、"Soul Blend People" に加入。ギター修行に励む。帰国後、Ras Takashiとの出逢いをきっかけに"DUBSENSEMANIA"の一員としてSONYよりメジャーデビュー。ギタリストとしても数多くのライブやレコーディングに参加している。CafeNationの代表。
●KOHEI (ベース/コーラス)は、"Sabai★Sabai" のベーシスト兼バンドリーダーを務め2枚の作品をリリース。実はディジュリドゥーのプレイもヤバい。CafeNationのマルチプレイヤーでもある。
●NORITO(キーボード/コーラス)は、"THEボンゴメン" のキーボーディストとしても活躍していた。ジャンルを超えたソロは多くの人を魅了する。
●GO (ドラム)は、"Jazzマタンゴ"、"THE ROOMMATES"にも所属の多忙なドラマー。雑学を交えたMCも今後期待している。
Love&Respect, Roots&Culture!!
OFFICIAL HP
http://www.cafenation.jp/dubnationalies.html
2014年のROOTS FESでは、DUBアレンジされたカバー曲を披露してくれたり、大いに会場を盛り上げてくれました!また、動画はMIGHTY ROOTS主催のイベントでのライブです。NATIONALIESのカラーがばっちり出ているアレンジが最高ですよ!ご覧くださいね。

チケットのお求めはお近くの取扱店、もしくは下記メールアドレスにて受け付けています。
rootsreggaemusicfestival@gmail.com
‪#‎rootsreggaemusicfestival‬
‪#‎thedubnationalies‬
‪#‎dubnationalies‬
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する