RootsReggaeMusicFestival 2015
RAS KANTO & 大磯ROCKERS
*出演アーティスト紹介*
24日出演のRAS KANTO & 大磯ROCKERSを紹介します!



RAS KANTO プロフィール
ピアノ教師の母に3歳からピアノを習い始める。中学でギター、高校でバンドを始め、いくつかのローカルバンドに参加した後、19歳で単身ジャマイカへ渡り、キングストンのラスタコミュニティーに半年間滞在。滞在中AUGUSTUS PABLO,Jr.REIDのレコーディングセッションに参加する。帰国後ZION HIGH PLAYAZに参加し、日本全国をツアー。この頃には長野県安曇野、標高900Mの山中に引越し、米、野菜など半自給生活を始める。1999年にはサンディエゴ ボブマーレーフェスティバルにGREGORY ISSACSやBEENIEMAN等と出演する。その後再度ジャマイカへ渡り、一年の滞在中、AUGUSTUS PABLOの遺作、'VALLY OF JEHOSAPHAT'にギターで参加。2000年からDUBSENSEMANIAに参加。2001年にはRAS TAKASHIと共にニューヨークへ渡り、名門レーベルWACKIE'Sでレコーディングに参加し、またコネチカットでライブをおこなった。2004年にはDUBSENSEMANIAでSONYからメジャーデビューを果たし、FUJI ROCKに出演。アルバムやシングルではDENNIS BOVELLやMAD PRPFESSOR、BULL WACKIEがミックスダウンを担当し、同時にライブでも共演を果たした。2005年にはDUBSENSEMANIAでハワイツアーし、ライブやラジオに出演、地元で評判になる。2006年、SUMMER SONICに出演、またASWADのBRINSLEY FORDとライブで共演を果たした。2007年DUBSENSEMANIAの活動休止後、自らのバンドRAS KANTO&EMOTIONSを結成している。
大磯ROCKERS プロフィール
神奈川県湘南を拠点に20年以上活動を続ける Roots Rock Reggae Band。
幾多のメンバーチェンジを繰り返して現在の編成に至る。バンド名の由来
にもなっているメンバー中唯一大磯在住でオリジナルメンバーのヴォーカル
兼ドラマ−Ras AshaTactchant と湘南在住世界発信のベーシスト Itak Shaggy
Tojo ( Black Redemption,Pirka Atuy ) この二人が紡ぐ重く土臭いけれどモダン
なDrum&Bassのグルーブは、ラスタな生き方を志すものにとって多くの困難と
障害がある日本の現状を生き抜いている緻密さ、したたかさ、しなやかさ
大胆さに裏付けされた強固なRebel Rockで、それがバンド全体のカラーとして
自由でいてかつ計算されたロッカーズサウンドを体現している。2014年から
活動を共にする日本を代表するラスタシンガーRas Kanto(元DUBSENSEMANIA)
のバンド加入は、よりその色を濃くし、またマルチミュージシャンである
同氏の持つ幅広い音楽性から生まれる楽曲の数々やアレンジは OISO ROCKERS
がより多くのオーディエンスに支持される一つの大きな要因となっている。
2014年後期より客演ミュージシャンとして参加し、今や多くの新曲製作の
核を成す存在と言っても過言ではないサクソフォンプレーヤー イナッチ
(FRISCO,元KINGDOM☆AFROCKS)のメンバー加入も然りである。また、日本のレゲエシーン初期(80’初頭)からそこに身を置いて、そのJazzyなギタープレイで定評のあるベテラン Ka-Bo と、ロック畑出身で沢山のバンドとセッションを重ねてきた若手ギタリスト Satoshi がソロとリズムを交互に取ることによる華やかさや予想だにできないタイミングで刻まれる深くリバーブの効いたカットと残響音空間。そしてそのタイトな裏打ちバッキングリズムに絡む Ras Dasshi のケテドラムとのシンコーペションから縦横無尽に生まれる横ノリ縦ノリの音の波乗りを楽しみたい。世界のラスタファーライムーブメントとしっかり帯同したイベント企画を含めたライブ活動は、CARL MEEKSANTHONY SELASSIEまた2014年秋に来日したADDIS PABLO(AUGUSTUS PABLO長男) とのライブ共演に繋がり、まさに ROCKERS meets ROCKERS の実現として広く話題を呼んだ。
東京新宿の老舗レゲエクラブ OPEN での毎月第1土曜日開催のRasta Roots&Dub Culture Dance JAH JAH TIME で箱バンを務め、ゲストフロントアクトにMACKA RUFFIN , C.J , JUNIOR D , CHAN-MIKA , CHAPPA RANKS , 光風 等シーンを代表するアーティストを迎えてのルーツなステージングは周知のとおりだけれど、バンドの特記すべきカラーのひとつである DUBWISE をより活かす為に、MIGHTY MASSA , 内田直之, ,工藤晴康,ARI(REGGAELATION INDEPENDANCE) KONKEN(拳POWA STUDIO),菅野和彦 a.k.a Papa I-ya Bonz 等のTOPダブエンジニアーを毎回違った人選でフューチャーする LIVE DUB MIX SHOWCASE は今までにない新しいスタイルでそのクオリティの高さは是非体感すべきである。世界でも珍しい NYABINGHIフルセットバンド として同メンバーで YANTINGIZES 名義でも活動している。
2014年のROOTS FESでの出演後、数々のライブを経てさらにパワーアップしたRAS KANTOさんと大磯ROCKERSのステージを、また三ケ日で見る事ができるのが楽しみです!
チケットのお求めはお近くの取扱店、もしくは下記メールアドレスにて受け付けています。
rootsreggaemusicfestival@gmail.com
‪#‎rootsreggaemusicfestival‬
‪#‎RASKANTO‬
‪#‎大磯ROCKERS‬
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する